卯をじ・素材の持つ旨さを最大限に引き出す。そのためなら妥協は一切しない。時代が変わろうとも卯をじは、決して変わらない。
オンラインショッピング 卯をじのこだわり お召し上がり方 今月のプレゼント メディア掲載実績
もはや保存食とは言えない、お刺身で食べられる魚を味噌漬けに。味にこだわるということは、素材にこだわるということ
今、日本で売られてる鰆は、近海物と中国産と冷凍物(本鰆と銀鰆)があります。銀鰆はニュージーランド産の冷凍物です。卯をじでは、四国の近海物の本鰆しか使いません。
スーパーなどでよく見かける鰆の味噌漬けは中国産の鰆です。中国産は鮮度がかなり落ちてます。味噌漬けは昔は保存食でしたので、鮮度の落ちた魚を味噌漬けにしてましたが、当店は刺身で食べられる鮮度の鰆を使ってます。食べてみればわかりますが、やはり脂の乗り、旨さが違います。
鰆は大きくなればなるほど、脂がのってきます。焼き物は脂が命です。普通は1kg位を「さごし」2kgになれば「鰆」と呼んでますが、当店では最低3kg以上の鰆を使います。そうですね平均4kgサイズでしょうか。このサイズは市場でも50本に1本くらいです。大物を使ってる証に背と腹を別に切り身にしています。小さい鰆ではこのようには切れないのです。
(左の画像の大きい鰆が約4Kgです)
天然ものにこだわり、本当に美味しい魚を食べていただきたい。
また、鯛の現在市場に出回ってるのは、ほとんどが養殖物です。よく、鯛は1〜2kg位がおいしいといわれますが、刺身で食べるならそのサイズが形もよく柔らかいですが、味噌漬けは焼き物なので大物のほうが脂がよくのりおいしいのです。鰆と同じく四国近海の天然真鯛で3kg以上・・平均4kgサイズを使います。

車海老については、瀬戸内の天然の車海老のみを使用しております。天然ものは養殖物と違い海老の旨さ甘さが上品。サイズも普通サイズで約20cm位あり感覚として、養殖の倍くらいの大きさです。

鰆のからすみを贈答用に販売しているのは日本でも当店だけです。ボラは眞子の皮が破れにくいので製造が比較的容易ですが、鰆の眞子の皮は非常に薄く、また、にがりがかかった部分はすぐに破れてしまうので、共皮で張合わすのがまるで外科手術のような大変な作業なのです。これはもう職人技といえるでしょう。

上記が当店卯をじの素材に対するこだわりではありますが、基本的に素材を味を大切にしたい、心からおいしいといって食べていただく方の心に響く海の幸をお届けしたい。それが最も卯をじがこだわるところと自信を持って言えると自負いたしております。
ページのトップへ
トップに戻る お支払方法・送料について 会社概要・沿革 個人情報について 通販法の表記 店主ブログ リンク
| 魚匠・卯をじトップページ | 鰆の味噌漬け | 鰆のからすみ | 天然鯛の浜焼き |
| 今月のプレゼント | お召し上がり方 | メディア掲載実績 | 新着情報 |