卯をじ・素材も味も自信を持ってお届けします。焼き加減は遠火の弱火でじっくり焼き上げてください。
オンラインショッピング 卯をじのこだわり お召し上がり方 今月のプレゼント メディア掲載実績
味噌漬けの上手な焼き方
鰆の味噌漬け 味噌漬けは、味も火加減も繊細なのです。
いたわるように、何度も焼け具合を見ながら焼いてください。
一般のご家庭のシステムキッチンのロースターやIHなら中〜弱火でまず、身から焼きます。(皮は焦げやすいので)焦げないよう何度も確認しながらじっくりと焼き上げてください。焼きたてが美味しいのは、もちろんですが、冷めてもほのかな味噌の香り漂う、近海の天然物だけが持つ美味しさをご賞味下さい。
鰆の味噌漬け
残った味噌はお使いいただけます。
鯖・はまちなどを買ってきて(背の青い魚が味噌によく合います)さっと薄塩をしてから残った味噌に漬け込みます。また、味噌汁にすれば、魚の出汁がでて美味。
残った味噌
鰆の味噌漬け
鯛の浜焼き
鯛の浜焼き 天然あら塩を使った塩釜で蒸し焼きに仕上げました。
四国周辺の荒波にもまれた金鱗おどる天然真鯛を、魚の王にふさわしい優美な姿もそのままに一尾豪快に焼き上げました。
鯛は周年といわれ、一年中いただけますが、当店では、最もおいしい季節の天然真鯛を厳選。魚の王にふさわしい優美な姿もそのままに、香川特産の天然あら塩を使った塩釜で蒸し焼きに仕上げました。
春先からは、瀬戸内海に回遊し、きれいな桜色になってくる雌鯛と、黒金色のうろこ踊る精悍な雄鯛を−。また、晩秋から冬にかけては、ダイナミックな黒潮にもまれ、身が引き締まった冬流・近海のものを−。ともに四国周辺の潮流や荒波に鍛えられ、脂のよくのった逸品を専門魚匠の確かな目で吟味いたしました。口に入れた時に広がるほのかな甘みと潮の香りは天然ものにこだわり続ける<卯をじ>ならではの風格と味わい−讃岐の名産をご賞味ください。
卯をじ、簡単レシピ
●結び紐を料理バサミ等て切って、コモから取り出してください。
●尾の方からウロコと皮をはがし、(はがれにくい場合は、さっと熱湯をかけてください。)身をほぐして、二杯酢や生姜醤油、わさび醤油で、また「鯛茶漬け」や「鯛飯」にされても美味しくお召し上がりいただけます。
●頭と骨はお吸いものにご利用いただけます。炊き出してスープにすれば栄養満点のおいしいお吸いものが賞味できます。
●お腹の中の卵は、そのまま召し上がってください。
●「ウロコ取り」用に特製竹ベラを添えています。
★印をカットしてください
※ご注意:尾をもってぶら下げて紐を切るのはお止め下さい。コモから抜け落ちます。
【保存方法】
そのままの場合、春の暖かい時期は5日間、冬期は10日間ぐらい保存できますが、なるべくお早めにお召し上がりください。
すぐにお召し上がりにならない場合は、冷蔵庫に入れて保存してください。
ページのトップへ
トップに戻る お支払方法・送料について 会社概要・沿革 個人情報について 通販法の表記 店主ブログ リンク
| 魚匠・卯をじトップページ | 鰆の味噌漬け | 鰆のからすみ | 天然鯛の浜焼き |
| 今月のプレゼント | お召し上がり方 | メディア掲載実績 | 新着情報 |